水虫役立ち!?

水虫の歴史

医学的に水虫が確認されたのは、
欧米では19世紀の終わりごろとされており、
1890年になって水虫の研究が始まっています。

当時の人は、正体不明の虫にさされ、
痒くなるものと考え、水虫という名前をつけたのです。

文献に初めて「水虫」の名が登場するのも江戸時代です。

しかし、日本では江戸時代に「水虫・田虫」という
言葉がすでに使用されていたといわれています。

当時では、白癬菌が発見されていませんから、
水の中の正体不明の虫に刺されたと思い込んで
“水虫”と呼んでいたようです。
| 水虫!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。